Blog /

ブログ

ゲーム紹介 : オトーリバース

タイトル :オトーリバース

メーカー :アルハラシステムズ

国 :日本

発行年 : 2013年

作者 :アルハラシステムズ

年齢 : お酒は20になってから。

人数 : 3~5人

時間 : 15分

外箱 : 縦143×横103×奥行25㎜

内箱 : 縦138×横99×奥行26㎜

中身 :

カード(縦89×横63㎜)47枚

(内訳)………………………………………………

キャラクターカード 8枚

酒カード 35枚

イベントカード 4枚

……………………………………………………………

 

アルハラチップ(円形、直径25㎜) 10枚

説明書 1冊

 

その他 :アルハラシステムズは、ゲームデザインのRX、AK、RNGと、

グラフィックデザインのHeinekenbassによるゲーム創作サークルです。

オトーリバースは、2013年、2014年と、クラウドファウンディングによって再版されており、この時限定のカードもあります。

オトーリとは、沖縄本島よりさらに南に位置する宮古島で頻繁に行われている、

お酒の飲み方です。(オトーリホームページより。)

 

IMG_20150618_043548

 

説明 :  楽しくアルハラするゲームです。

アルハラしつつ、酒カードを獲得し、カードにあるアルコール度数の合計を競います。

 

準備……………………………………………………

①キャラクターカードとアルハラチップを、1人1枚ずつ配ります。

キャラクターカードには、それぞれ、アルコール限界量・得意なお酒・苦手なお酒が記されています。

アルハラチップは、イベント「アルハラ」を行う時、消費します。

 

②酒カードとイベントカードを合わせてシャッフルし、中央に山札として置きます。

残ったアルハラチップも、側にまとめて置きます。

 

プレイ…………………………………………………

①最初のプレイヤーを決めた後、山札から順番にカードを引き、カンパイ(一斉にカードを公開)します。

カンパイの時はアルハラはできません。

イベントカードを引いた場合、捨て札となります。

酒カードを引いた場合、自身のキャラクターカードを比べます。(=お酒を呑む)

 

呑む1:酒カードのアルコール度数が、キャラクターカードのアルコール限界量より大きい

「リバース」し、手元の酒カードを全て捨て、アルハラチップを受け取り、このラウンドは参加できません。

 

呑む2:酒カードの度数が、キャラクターカードの限界量より小さい

酒カードを手元に置きます。

 

②時計回りに進行します。

手番プレイヤーには、呑む/休むの2択があります。

 

呑む:山札からカードを引き、公開します。アルハラしたいプレイヤーは、この時宣言します。

イベントカードならイベントを行います。

酒カードなら、手元の酒カードとアルコール度数を合計し、プレイ①での呑む1・2が適用されます。

 

☆呑む時の注意

引いた酒カード=キャラクターの得意なお酒であれば、酒カードの度数を0として数えます。

酒カード=苦手なお酒であれば、度数×2として数えます。

 

休む:手元の酒カードをゲットできます。このラウンド、手番は回ってきませんが、アルハラはできます。

 

☆アルハラ

手番プレイヤーが「呑む」ため、酒カードを引いて公開した時にできます。

アルハラチップを1枚消費します。

実行できるのは1人だけです。

自分の手番/他プレイヤーの手番に関わりません。

自身がリバース状態の時はできません。

カンパイやイベント、酒カードがSpirytusの時はできません。

 

アルハラが成功したプレイヤーは、酒カードを、好きなプレイヤー(自身含め)の手元に移動できます。

例:他プレイヤーにカードを押し付け、リバースさせる

 

③全員が「休む」/「リバース」になるまで続けます。

プレイヤーが3~4人なら4ラウンド、5人なら3ラウンド行います。

山札が無くなった時、捨て札と使用済みイベントカードをシャッフルし、新たに山札を作ります。

 

ゲーム終了……………………………………………

獲得した酒カードのアルコール度数を合計します。

キャラクターの得意/不得意は考慮しません。

手元のアルハラチップはマイナス点として扱います。

 

合計点数が最も高いプレイヤーの勝利です!

 

 

2015/08/3 by あやぱんだ ゲーム Tag : , , , , ,

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

Search

TWITTER

CATEGORIES

ARCHIVE

TAGCLOUD